星占い事典|乙女座の運勢、恋愛運、対人運、仕事運、金運、相性、性格 etc.

乙女座に合わない仕事

リーダーシップを発揮

人を導いていくためには、時として苦渋の決断をしたり、強い自分を演出しなければならないこともあるでしょう。

 

ただ有能なだけでは人は付いて来ず、ある種のカリスマ性や人間力なども必要になってくるかもしれません。

 

乙女座の場合、有能で人間的に優れているとしても、自分ひとりで大きな決断するというのは得意ではありません。

 

どうしても空気を読んでしまう乙女座は他者の意見が気になり、うまく調整しようとするので厳しい決断ができないためです。

 

もし乙女座がリーダーシップを発揮しようとするならば、強い自分を演じることにストレスを感じるかもしれません。

 

どことなく線が細いところがある乙女座は、心の繊細さが表に表れて来やすいのです。




人との交流がメイン

考えることが好きな乙女座にとって、人と関わるということは、その思考を分断されるということでもあります。

 

人あたりのよい乙女座は、人付き合いはそれほど苦手ではないものの、それは仕事と割り切っているからこそ。

 

事務作業の合間に雑談をしたり、取引先の人と打ち合わせをすることなどは問題ないのですが、営業など人と交流することがメインの仕事だと精神的に落ち着かず疲れてしまうかもしれません。

 

事務作業はなく、人と会うことで契約を獲得したり事業を広げていくような職業だと乙女座にはストレスになるでしょう。

 

器用な乙女座は人と交流するのがメインの仕事でも充分こなすことはできますが、心からの充実感を得るのは難しいかもしれません。




エンターテイメント

個性を最大限に発揮して人を喜ばせるのがエンターテイメントだとするならば、そこには強いサービス精神が必要になってくるでしょう。

 

良いサービスを提供するには創造性や独創性など自由な発想が求められてくるものですが、乙女座の特性にはそういったものはありません。

 

エンターテイメント性のある乙女座もいることはいますが、それは意識的に自己表現をしたりサービス精神を発揮しているというよりも、生まれつき備わっているユニークな個性をそのまま出しているだけという可能性もあります。

 

独特な人間味をもつ乙女座は多いのですが、それを本職として生きていくためには大きなリスクがあるかもしれません。

 

もしエンターテイメントの世界に生きようとするならば、後々には裏方やサポート役、アドバイザーなどになることで本来の才能が発揮されることもありえます。




PAGETOP
Copyright © 乙女座の運勢 ~ Virgo ~ All Rights Reserved.